桜撮影会ご予約受付中 詳細はこちらから

フォトスタジオの料金比較で気をつけること

Bonjour!
Atelier Noëlle(アトリエノエル)フォトグラファーの稲川です。

これからフォトスタジオで写真を撮ろうと思っているあなたへ、スタジオ選びの時に役立つ情報をお届けします。

今回は料金について。
フォトスタジオの料金システムはお店によって様々。ぱっと見の安さに飛びついてしまうと最終的に予想外の金額になってしまうことも。

料金比較をする際に気をつける点をまとめました。

目次

自分が何を必要としているか知っておく

撮影を依頼するにあたって自分たちに何が必要なのか、どういう希望要望があるのかをある程度把握しておくといいと思います。

たとえば最低限下記のことは決めておいた方がいいです。その内容によって金額が大きく変わってくる可能性があります。

  • データのみでいいのかアルバムも欲しいのか
  • ヘアメイクなどのお支度は必要か
  • 衣装はレンタルしたいか。レンタルする場合、何着着せたいのか
  • 兄弟姉妹、家族写真も撮影してほしいか
  • 撮影は平日にするか土日にするか

これらのことを意識した上でスタジオを選ぶと、撮影後に「思ったより高くなってしまった」という結果を回避することができます。

安い撮影代の落とし穴

ネットなどで調べていくと、スタジオによって撮影代が大きく違うことに気がつくと思います。数千円のところもあれば数万円のところもあります。中には撮影代無料のところも。

それだけを見て「安いからここにしよう」と決めてしまうと後悔する可能性が高いです。

いったいこの金額の違いはどこからくるのでしょうか。

それはずばり、データがついているかどうか
極端に価格が低い場合、ほぼ確実にデータは別売りです。そして撮影代が安い分、データやアルバム類の値段が高いことが多いです。

今の時代「データは無くてもいい」という人は稀でしょうから、データ込みだといくらになるかを基準に見ていくといいと思います。

撮影代が数千円の場合、データや商品の価格が高いことが多い
撮影代が数万円の場合、データが含まれていることが多い

フォトスタジオの料金体系

フォトスタジオの料金体系を大きく分類すると以下のようになります。

  • 撮影代、美容代、商品代などがそれぞれ独立しており、必要な分だけ加算していくスタイル
  • 撮影代、美容代、商品代などが記念日ごとにパッケージ化されているスタイル(七五三プランなど)

それぞれの特徴

独立スタイルの場合

必要なものだけを選ぶことができるので無駄がない。反面、必要なものを明確にしておかないと、気づいたら色々追加してしまって最終的に予算オーバーになることも。

パッケージスタイルの場合(こちらの方が多数派だと思います)

おすすめの内容がパッケージ化されているので、それだけで良いという場合にはとてもわかりやすい。反面、内容が固定されているため希望通りでないことがあったり、内訳が不明なため他店と比較するのが難しい。

パッケージのされ方は多様で、「撮影代、衣装レンタル、美容代はプランに含まれていて商品代は別」とか、「商品まで含めて全てパッケージ化」などいろいろなパターンがあります。

最初に挙げたような「自分たちが必要としているもの」を明確にして、それらを含めた場合の総額を調べておかないと、後々「こんなはずじゃなかった」ということになりかねませんのでご注意ください。

見落としがちな費用

平日と休日で金額が違う

これはよくあります。休日だと5,000円ほどアップするケースが多いです。「平日だとお得」と捉えることもできますね。

兄弟姉妹は追加料金発生

記念日ごとにプランを設けているスタジオの場合、メインになる子を決めなくてはいけないケースが多いです。その場合兄弟姉妹撮影は追加料金が発生することがあります。同様に家族写真も別料金のことがあります。

衣装ランクによって追加料金発生

プランに衣装レンタルが含まれていてお得と思っていたら、着たい衣装はランクが高く追加費用が発生してしまったというのもあるあるです。

料金だけでなく総合的に判断するのがいい

各フォトスタジオによって料金の見せ方はそれぞれ。
ぱっと見は安く見えたり高く見えたりしても、「自分たちが必要としているもの」を考慮した上で調べてみると、最終的にはそれほど差がなかったりします。

ここまで料金のことを書いてきましたが、フォトスタジオを選ぶ時に料金だけで決めるのはおすすめしません。写真はずっと残るものですから、家族の大切な記録を任せるのに値するスタジオかどうか、総合的に判断する必要があると思います。

ホームページやインスタグラムの写真や文章をよく見て、世界観が好みかどうか、スタッフの人柄が良さそうかなど、数字では表せない部分についても考慮してみてくださいね。

子供写真をおしゃれに残すならアトリエノエル

一歩足を踏み入れると、そこは物語の世界。
日常からほんの少し離れ、家では撮れない1枚を。

隠れ家撮影プラン「カシェット」のテーマは非日常。
その人らしさが残ると同時に、新たな一面が垣間見える。
そのバランスを重視して撮影します。

ベビーや誕生日記念、何でもない日でも。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次